水五訓ー己の進路

常に己の進路を求めて止まざるは水。

 

五訓のその他の教えの中でも、表面上の動き、前進を最も感じさせる

訓がこれではないかと思います。

 

官兵衛が大勝負に打って出るのは人生のいくつかの局面でですが、

その局面のことを表している訓とも思えます。難局、苦境、苦渋に

耐えることが多かったようにも思えますが、戦略家としての官兵衛

の中で、水のように潔く、透き通る心で自らを突き動かしていく何か

があったのではないかと感じます。

 

それが何であったのか、水のような無私、静のように見えるものも、

実は融通無碍に変転するものでもあり、でも変わらない何かが水には

ある。官兵衛は何故、キリシタンとしての立ち位置をこの世で取るよう

になったのか。

 

歴史家による解釈はそれとして、現代にも蘇るテーマであると思います。

自らの解釈を作る作業はずっと継続しています。歴史を学ぶ意味をよく

考えるのですが、まだ答えはありません。

 

私にとって、水に流すことのできないテーマでもあります。